MENU

賞味期限切れのルイボスティーの有効利用方法

 

しまっておいたルイボスティーの賞味期限が切れていたということがあります。
期限が切れたものは、不安なので飲みたくないけど、
そのまま捨てるのはもったいないと感じます。
そのような場合は、飲む以外の方法でルイボスティーを活用しましょう。

 

まずは、3リットルくらいのお湯で、茶葉またはティーバッグを煮出します。
それを湯船に入れれば、入浴剤として使うことができます。
お肌に合わない場合もあるので、最初は薄目にして煮出し、
慣れてきたら茶葉の量を増やすようにしましょう。
赤ちゃんからお年寄りまで幅広く入浴することが可能です。
美肌効果や、アレルギー症状を抑える効果が期待できます。

 

そして、煮出したルイボスティーにフェイスマスクをしみこませれば、
美肌効果の高いパックができます。
入浴剤との併用で、顔から体までをケアすることができます。

 

また、煮出したルイボスティーを冷ましてからスプレー容器に入れれば、
脱臭剤としての効果もあります。
煮出すのに使った茶葉をメッシュの袋に入れてから、冷蔵庫や下駄箱に入れて、
消臭剤として使うこともできます。
茶葉を植木の土にそのまま撒くことで、土の栄養にすることも可能です。
賞味期限が切れてしまっても、さまざまな活用方法があります。